相澤 宏旭 / Hiroaki Aizawa

hiroaki-aizawa {at} hiroshima-u.ac.jp
GitHub / Google Scholar / Twitter / Hiroshima Univ.


広島大学 先進理工系科学研究科
情報科学プログラム パターン認識研究室 助教

Assistant Professor at Pattern Recognition Laboratory,
Informatics and Data Science Program,
Graduate School of Advanced Science and Engineering,
Hiroshima University

兼任
岐阜大学 加藤研究室 特別協力研究員
cvpaper.challenge

Concurrency
Researcher at Kato Laboratory, Gifu University
Member, cvpaper.challenge


Profile

2021.04 - 現在: 広島大学 先進理工系科学研究科 助教
2021.04 - 現在: 岐阜大学 特別協力研究員
2018.04 - 2021.03: 岐阜大学大学院 工学研究科 電子情報システム工学専攻 - 博士(工学)
2016.04 - 2018.03: 岐阜大学大学院 工学研究科 応用情報学専攻 - 修士(工学)
2012.04 - 2016.03: 岐阜大学 工学部 応用情報学科 - 学士(工学)


2021.04 - current: Assistant Professor, Hiroshima University
2021.04 - current: Researcher, Gifu University
2018.04 - 2021.03: Doctor of Engineering,
Department of Electronics and Information Systems Engineering,
Graduate School of Engineering, Gifu University
2016.04 - 2018.03: Master of Engineering,
Department of Information Science,
Graduate School of Engineering, Gifu University
2012.04 - 2016.03: Bachelor of Engineering,
Department of Information Science,
Faculty of Engineering, Gifu University


Research Topics

Image Synthesis and Manipulation
Disentanglement Learning
Anomaly Detection
Semantic Segmentation
Hierarchical Segmentation
Wildlife Conservation

Publication

Preprint

  1. Hiroaki Aizawa*, Yukihiro Domae*, Kunihito Kato, "Hierarchical Pyramid Representations for Semantic Segmentation", arXiv:2104.01792, (*equal contribution).

Journal

  1. 後藤圭亮, 相澤宏旭, 加藤邦人, 原田佳周, 野口稔, 西川英雄, 鹿志村和典, 濱谷章史, 大平司, 井原巳知, "視線領域推定モジュールによる広視野画像からの異常検知", 精密工学会誌, 2021. (掲載予定)
  2. 相澤宏旭, 村瀬王哉, 加藤邦人, "顔画像からの感情と個人性のもつれ解き表現学習", 電気学会論文誌C, Vol.141, No.9, pp.962-968, 2021.
  3. 相澤宏旭, 神本恭佑, 加藤邦人, "Mutual Consistency-Ensured Bi-directional GANによる異常検知", 精密工学会誌, Vol.87, No.1, pp.61-70, 2021.
  4. Keisuke Goto, Kunihito Kato, Hiroaki Aizawa, Takaho Saito, "Adversarial autoencoder for detecting anomalies in soldered joints on printed circuit boards", Journal of Electronic Imaging, Vol.29, No.4, pp.1-9, 2020.
  5. 相澤宏旭, 加藤邦人, 山下隆義, "Encoder-Multiple Decoders CNNによるセマンティックパーツセグメンテーション", 電子情報通信学会和文論文誌D, Vol.J102-D, No.6, pp.454-463, Jun. 2019.
  6. 安藤正規, 中塚俊介, 相澤宏旭, 中森さつき, 池田敬, 森部絢嗣, 寺田和憲, 加藤邦人, "深層学習(Deep Learning)によるカメラトラップ画像の判別", 哺乳類科学, Vol.59, No.1, pp.49-60, 2019.
  7. 中塚俊介, 相澤宏旭, 加藤邦人, "少数不良品サンプル下におけるAdversarial AutoEncoderによる正常モデルの生成と異常検出", 精密工学会誌, Vol.84, No.12, pp.1071-1078, 2018.

International Conference

  1. Yukihiro Domae, Hiroaki Aizawa, Kunihito Kato, "Multi-scale Global Reasoning Unit for Semantic Segmentation", Proceedings of 27th International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV), OS1-1, 2021.2.22, refereed.
  2. Hiroaki Aizawa, Hirokatsu Kataoka, Yutaka Satoh, Kunihito Kato, "Viewpoint-agnostic Image Rendering", IEEE/CVF Winter Conference on Applications of Computer Vision (WACV), pp.3803-3812, 2021, refereed.
  3. Hiroaki Aizawa, Hirokatsu Kataoka, Yutaka Satoh, Kunihito Kato, "Disentangle, Assemble, and Synthesize: Unsupervised Learning to Disentangle Appearance and Location", Proceedings of 25th International Conference on Pattern Recognition (ICPR), pp.2065-2072, 2020, refereed.
  4. Kyosuke Komoto, Hiroaki Aizawa, Kunihito Kato, "Consistency Ensured Bi-directional GAN for Anomaly Detection", Proceedings of 26th International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV), pp.236-247, 2020.2.21, refereed.
  5. Yukihiro Domae, Hiroaki Aizawa, Kunihito Kato, "Structural and Relational Reasoning with Multi-Scale Context for Semantic Segmentation", Proceedings of 26th International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV), O4-Ex1 (Extended Abstract), 2020.2.21, non-refereed.
  6. Hiroaki Aizawa, Yuto Ura, Kunihito Kato, "Temporal and Contextual Aggregation for Road Marking Semantic Segmentation", Proceedings of International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT), Vol.115150E, pp.59-62, 2020.1.6, refereed.
  7. Keisuke Goto, Kunihito Kato, Shunsuke Nakatsuka, Takaho Saito, Hiroaki Aizawa, "Anomaly Detection of solder joint on print circuit board by using Adversarial Autoencoder", Proceedings of Fourteenth International Conference on Quality Control by Artificial Vision (QCAV), Vol.11172, pp.203-208, 2019.5.16, refereed.
  8. Yuki Matsuoka, Hiroaki Aizawa, Junya Sato, Kunihito Kato, "Training time reduction for network architecture search using genetic algorithm", Proceedings of Fourteenth International Conference on Quality Control by Artificial Vision (QCAV), Vol.11172, pp.168-174, 2019.5.16, refereed.
  9. Daiki Kobayashi, Kunihito Kato, Hiroaki Aizawa, Akihiro Ikoma, "Semantic Segmentation of Road Marking by Temporal Information", Proceeding of 25th International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV), O3-3, 2019.2.21, refereed.
  10. Shunsuke Nakatsuka, Hiroaki Aizawa, Kunihito Kato, "Defective Products Detection using Adversarial AutoEncoder", Proceedings of SPIE, International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT), Vol.11049, pp.154-159, 2019.1.9, refereed.
  11. Shunsuke Nakatsuka, Hiroaki Aizawa, Kunihito Kato, "A Method of Generation of Normal Model and Discrimination of Defects by Adversarial AutoEncoder under Small Number of Defective Samples", Proceeding of 24th International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV), OS3-1, 2018.2.22, refereed.
  12. Hiroaki Aizawa, Kunihito Kato, "Human body and facial parts segmentation using Encoder-Multiple Decoders CNN", Proceeding of 24th International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV), D1-3, 2018.2.21, refereed.
  13. Kyosuke Komoto, Shunsuke Nakatsuka, Hiroaki Aizawa, Kunihito Kato, Hiroyuki Kobayashi, Kazumi Banno, "A Performance Evaluation of Defect Detection by using Denoising AutoEncoder Generative Adversarial Networks", International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT), Session E2-4, pp.1-4, 2018.1.9, refereed.
  14. Hiroaki Aizawa, Kunihito Kato, Takayoshi Yamashita, "Fine-grained Semantic Part Segmentation using Encoder-Multiple Decoders CNN", The Fourth Workshop on Fine-Grained Visual Categorization in conjunction with CVPR2017, 2017.7.21, refereed.
  15. Hiroaki Aizawa, Kunihito Kato, "Parts Segmentation on Aircraft using Encoder-Decoder CNN", Proceeding of 23rd International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV), O2-3, 2017.2.2, refereed, Best Paper Award 受賞

Domestic Conference

  1. 中村友哉, 加藤邦人, 寺田和憲, 高橋通一, 塩沢安生, 相澤宏旭, "GANの潜在空間探索による木目画像の官能検査", ビジョン技術の実利用ワークショップ ViEW2021, OS4-S2, pp.-, 2021.12.3, 査読あり.
  2. 光岡陽, 相澤宏旭, 加藤邦人, "End-to-endな人物追跡と行動認識を用いた歩行者の気づき認識手法", ビジョン技術の実利用ワークショップ ViEW2021, IS3-12, pp.-, 2021.12.3, 査読あり.
  3. 丹羽靖治, 相澤宏旭, 加藤邦人, "穴位置不確実Peg-in-holeのための疑似力覚を組み込む深層模倣学習", ビジョン技術の実利用ワークショップ ViEW2021, OS3-S2, pp.-, 2021.12.3, 査読あり.
  4. 中村友哉, 相澤宏旭, 加藤邦人, "動画内の物体の動き転移による単一画像からの動画生成", 精密工学会, 画像応用技術専門委員会, サマーセミナー2021, pp.17-20, 2021.9.3, 査読なし.
  5. 光岡陽, 相澤宏旭, 加藤邦人, "深層学習による追跡と行動認識を用いた歩行者の気付き検出", 精密工学会, 画像応用技術専門委員会, サマーセミナー2021, pp.31-34, 2021.9.3, 査読なし.
  6. 丹羽靖治, 相澤宏旭, 加藤邦人, "時系列深層模倣学習によるロボットアームの円軌道追従", 精密工学会, 画像応用技術専門委員会, サマーセミナー2021, pp.39-42, 2021.9.3, 査読なし.
  7. 稲垣達也, 相澤宏旭, 加藤邦人, "Encoder Decoderモデルによる合成ノイズ除去を用いたテクスチャ画像上の異常検知", 精密工学会, 画像応用技術専門委員会, サマーセミナー2021, pp.51-52, 2021.9.3, 査読なし.
  8. 裏優斗, 相澤宏旭, 加藤邦人, "Siamese Networkを用いたランドマーク画像からの自律移動ロボットの制御の検討", 第27回画像センシングシンポジウム SSII2021, IS1-21, 2021.6.9, 査読あり.
  9. 後藤圭亮*, 相澤宏旭*, 加藤邦人, 原田佳周, 野口稔, 西川英雄, 鹿志村和典, 濱谷章史, 大平司, 井原巳知, "視線領域推定モジュールによる広視野画像からの異常検知", ビジョン技術の実利用ワークショップ ViEW2020, IS3-08, pp.422-427, 2020.12.4, 査読あり, (*equal contribution), 若手奨励賞 受賞.
  10. 相澤宏旭*, 村瀬王哉*, 加藤邦人, "感情と個人性のもつれを解いた表現学習", 第25回知能メカトロニクスワークショップ iMec2020, IM-1-1, pp.1-8, 2020.9.7, 査読なし, (*equal contribution).
  11. 富田悠斗, 相澤宏旭, 加藤邦人, "One-shot Learningによる電気配線記号照合の研究", 精密工学会, 画像応用技術専門委員会, サマーセミナー2020, pp.23-26, 2020.9.7, 査読なし.
  12. 裏優斗, 相澤宏旭, 加藤邦人, "深層学習による時系列情報を用いた障害物検知の研究", 精密工学会, 画像応用技術専門委員会, サマーセミナー2020, pp.5-8, 2020.9.7, 査読なし.
  13. 綱島秀樹, 大川武彦, 相澤宏旭, 片岡雄裕, 森島繁生, "Object-aware表現学習の安定化のためのKLダイバージェンスの周期性アニーリング", 第23回 画像の認識・理解シンポジウム MIRU2020, pp.1-4, 2020.8.5, 査読なし.
  14. 相澤宏旭*, 神本恭佑*, 加藤邦人, "Mutual Consistency-Ensured Bi-directional GANによる異常検知", 第26回画像センシングシンポジウム SSII2020, IS2-14, 2020.6, 査読あり, (*equal contribution), オーディエンス賞 次点.
  15. 堂前幸紘, 相澤宏旭, 加藤邦人, "マルチスケールな文脈情報を用いたGlobal Reasoningによるセマンティックセグメンテーション", 第26回画像センシングシンポジウム SSII2020, IS3-37, 2020.6, 査読あり.
  16. 松岡祐貴, 相澤宏旭, 加藤邦人, 佐藤惇哉, "GAを用いたネットワークモジュールの構造探索", ビジョン技術の実利用ワークショップ ViEW2019, IS2-A2, 2019.12.6, 査読あり.
  17. 今枝峻希, 加藤邦人, 相澤宏旭, "フィードバックネットワークにおける最適フィードバック構造の検討", 精密工学会, 画像応用技術専門委員会, サマーセミナー2019, Vol.28, pp.53-54, 2019.8.27, 査読なし.
  18. 堂前幸紘, 相澤宏旭, 加藤邦人, "Graph構造を使用したパーツ間の関係性を考慮したセマンティックセグメンテーション", 精密工学会, 画像応用技術専門委員会,サマーセミナー2019, vol28, pp.3-6, 2019.8.26, 査読なし.
  19. 相澤宏旭, 片岡裕雄, 佐藤雄隆, 加藤邦人, "Viewpoint-agnostic Image Rendering", 第25回画像センシングシンポジウム SSII2019, IS2-16, 2019.6.13, 査読あり, 優秀学術賞 受賞.
  20. 水谷純暉, 相澤宏旭, 加藤邦人, "Deep Q Networkを用いた動的3次元視点制御による物体識別", 第25回画像センシングシンポジウム SSII2019, IS2-10, 2019.6.13, 査読あり.
  21. 小林大輝, 加藤邦人, 相澤宏旭, 生駒晃大, "時系列情報を用いた道路標示のセグメンテーション手法の検討", 動的画像処理実利用化ワークショップ DIA2019, IS2-21, 2019.3.8, 査読あり.
  22. 安藤正規, 中塚俊介, 相澤宏旭, 中森さつき, 池田敬, 森部絢嗣, 寺田和憲, 加藤邦人, "機械学習による自動撮影カメラ画像からの獣種自動判別技術の開発", 日本哺乳類学会2018年度大会, S2-05, 2018.9.8, 査読なし.
  23. 佐藤惇哉, 山田貴孝, 伊藤和晃, 相澤宏旭, 加藤邦人, 明石卓也, "Parameter-Less Evolutionary Search を用いたテンプレートマッチング", 動的画像処理実利用化ワークショップ DIA2018, IS2-27, 2018.3.9, 査読あり.
  24. 中塚俊介, 相澤宏旭, 加藤邦人, "少数不良品サンプル下におけるAdversarial AutoEncoderによる正常モデルの生成と不良判別", ビジョン技術の実利用ワークショップ ViEW2017, pp.148-149, 2017.12.8, 査読あり, 小田原賞 受賞.
  25. 佐藤惇哉, 相澤宏旭, 加藤邦人, 山田貴孝, 伊藤和晃, 明石卓也, "GAを用いた深層学習の学習係数最適化に関する検討", ビジョン技術の実利用ワークショップ ViEW2017, IS1-C1, pp.76-77, 2017.12.7, 査読あり.
  26. 神本恭佑, 中塚俊介, 相澤宏旭, 加藤邦人, 小林裕幸, 坂野和見, "Denoising Autoencoder Generative Adversarial Networks を用いた欠損検出の検討", ビジョン技術の実利用ワークショップ ViEW2017, pp.54-55, 2017.12.7, 査読あり.
  27. 相澤宏旭, 加藤邦人, 山下隆義, "Encoder-Multiple Decoders CNNを用いた詳細な顔パーツのセマンティックセグメンテーション", 第22回 日本顔学会大会(フォーラム顔学2017), O4-1, 2017.9.9, 査読なし.
  28. 相澤宏旭, 加藤邦人, 山下隆義, "多重解像度性を取り入れたEncoder-Decoder CNN によるパーツセグメンテーション", 第23回画像センシングシンポジウム SSII2017, IS3-34, 2017.6.9, 査読あり, オーディエンス賞 受賞.
  29. 相澤宏旭, 加藤邦人, "Encoder-Decoder CNN における精度向上の考察", 平成28年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会, C1-1, 2016.9, 査読なし.
  30. 相澤宏旭, 加藤邦人, "航空機画像セグメンテーションへのEncoder-Decoder CNNの適用とその改良", 精密工学会, 画像応用技術専門委員会, サマーセミナー2016, Vol.25, pp.9-10, 2016.8, 査読なし.

Articles

  1. 相澤宏旭, 加藤邦人, 山下隆義, "Encoder-Multiple Decoders CNNによるセマンティックパーツセグメンテーション", 日本工業出版「画像ラボ」第30巻第12号, pp.26-31 (2019.12)
  2. 中塚俊介, 相澤宏旭, 加藤邦人, "少数不良品サンプル下におけるAdversarial AutoEncoderによる正常モデルの生成と不良判別", 映像情報インダストリアル, pp.57-68, (2018.03)

Talks

  1. 相澤宏旭, "深層学習による異常検知の基礎と応用事例", 「信頼性とその応用」研究部会 第3回研究会―, 2021.12.20.
  2. 相澤宏旭, "深層学習によるセマンティックセグメンテーションの基礎と応用事例", Cars that think and communicate Part Ⅵ ―⾃動運転時代への Deep learning の新展開―, 2021.9.6.
  3. 相澤宏旭, "Neural Radiance Fields (画像生成・生成モデル メタサーベイ)", cvpaper.challenge Conference 2021, 2021.8.27.
  4. 相澤宏旭, "深層学習による視覚表現学習の基礎研究と応用事例", 未来を拓く地⽅協奏プラットフォーム 第13回成果報告会, 2021.7.30.
  5. Hiroaki Aizawa, Hirokatsu Kataoka, Yutaka Satoh, Kunihito Kato, "Viewpoint-agnostic Image Rendering", GPU Technology Conference (GTC), P31409, 2021, refereed.
  6. 中塚俊介, 相澤宏旭, 加藤邦人, 後藤圭亮, 稲垣達也, "深層学習を用いた外観検査・異常検知", IAIP 2020年度 第5回研究会, 2021.1.22.
  7. 相澤宏旭, "Novel View Synthesisの最新動向", CVPR 2019 網羅的サーベイ報告会@日立製作所 中央研究所, 2019.9.19.
  8. 笠井誠斗, 中込優, 黒澤郁音, 西川真史, 矢代達希, 相澤宏旭, 福井宏, "【招待ショートサーベイ】コンピュータビジョンと自然言語処理の共存マップ", 信学技報, PRMU2018-74, pp.21-23, 2018.10.19, MIRU2018 若手プログラム 最優秀異分野サーベイ賞 受賞.
  9. 相澤宏旭, "Deep Q-Networkチュートリアル", 岐阜大学工学部附属知能科学研究センター研究セミナー, 2018.1.15

Patents

  1. 加藤邦人, 丹羽靖治, 相澤宏旭, "疑似力覚モジュール及び疑似力覚モジュールを備えた制御システム" (出願中)
  2. 加藤邦人, 裏優斗, 相澤宏旭, "自律移動システム" (出願中)
  3. 加藤邦人, 堂前幸紘, 相澤宏旭, "シーンにおける意味的な階層構造を考慮したセマンティックセグメンテーション" (出願中)
  4. 後藤圭亮, 相澤宏旭, 加藤邦人, 原田佳周, 野口稔, 西川英雄, 鹿志村和典, 濱谷章史, 大平司, 井原巳知, "異常検知システムおよび方法" (出願中)
  5. 加藤邦人, 中塚俊介, 相澤宏旭, 齊藤岳穂, 高田裕樹, 伊澤仁, "異常品判定方法" (特願2019-73372/2019.4.8出願)
  6. 加藤邦人, 中塚俊介, 相澤宏旭, "異常品判定方法" (特願2017-196758/2017.10.10出願)

Press Release

  1. 深層学習(Deep Learning)を用いたカメラトラップ画像内の動物の検出、種判別および頭数推定に成功

Awards

  1. 岐阜大学 学業成績 修了表彰, 2021年3月25日受賞
  2. ViEW2020 若手奨励賞, 2020年12月4日受賞
  3. SSII2020 オーディエンス賞次点, 2020年6月12日受賞
  4. SSII2019 優秀学術賞, 2020年6月11日受賞
  5. MIRU2018 若手プログラム 最優秀異分野サーベイ賞, 2018年8月9日受賞
  6. 岐阜大学 学生表彰 (卒業生・修了生中1件), 2018年3月25日受賞
  7. ViEW2017 ビジョン技術の実利用ワークショップ 小田原賞(優秀論文賞), 2017年12月8日受賞
  8. SSII2017 オーディエンス賞, 2017年6月9日受賞
  9. FCV2017 Best Paper Award受賞, 2017年2月3日受賞

Teaching

  1. ゼロからはじめるプログラミング 3T 2021
  2. フーリエ解析 4T 2021

学会運営

  1. ビジョン技術の実利用ワークショップ ViEW2021, プログラム委員会, インタラクティブセッション担当
  2. The International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV) 2021, Organizing Committee, Local Arrangement Chairs

Slides

  1. CVPR 2021 論文サマリ
  2. Neural Radiance Fieldsに関するサーベイ
  3. ECCV 2020 論文サマリ
  4. CVPR 2020 報告
  5. CVPR 2020 3D From a Single Image and Shape-From-X
  6. CVPR 2020 論文サマリ
  7. Disentanglement LearningとGANのLatent Spaceに関するサーベイ
  8. CVPR 2019 速報
  9. CVPR 2019 論文サマリ
  10. MIRU2018 若手プログラム グループF NLP
  11. CVPR 2018 速報
  12. CVPR 2018 完全読破チャレンジ

Others

  1. cvpaper.challenge 2021 研究メンバー
  2. 岐阜市科学館 コンピュータビジョンに関する展示
  3. 網羅的サーベイから見るAI論文とは (AI-SCHOLAR)
  4. cvpaper.challenge 2020 研究メンバー
  5. cvpaper.challenge 2019 研究メンバー
  6. 産業技術総合研究所 インターンシップ, メンター: 片岡裕雄, (2018.08.13-11.30)
  7. Python講習会 工学部附属知能科学研究センター・データサイエンス研究会 TA, (2017.06)
  8. 先端IT講習会-DeepLearningの基礎から実装まで- (岐阜県情報技術研究所, 岐阜県ITものづくり推進ラボ共催) 講師, (2017.03, 2017.11)
  9. セコムIS研究所 インターンシップ, (2016.08-09)

Contact

宛先
〒739-8521
広島県東広島市鏡山1-7-1
広島大学 先進理工系科学研究科 情報科学プログラム
相澤 宏旭

居室
広島大学 東広島キャンパス 総合科学部C棟6階C619